ピクセル - バイト変換

ピクセルフォーマットをバイトフォーマットに変換

高性能なディスプレイへの需要が高まるなか、インタフェース変換の需要も高まっており、MIPI® D-PHY が様々なアプリケーションで使用されています。このインタフェースはカメラやディスプレイのシステム内接続のために開発されました、そしてスマートフォンなどのモバイルアプリケーション市場で標準的な高速 PHY ソリューションになりました。そして MIPI カメラシリアルインタフェース ‐2 (CSI-2) と MIPI ディスプレイシリアルインタフェース (DSI) のプロトコル仕様と合わせて使用されます。MIPI D-PHY はスマートフォンなどで必要とされる、低消費電力、低ノイズ、高ノイズ耐性という厳しい要求に対応しています。

MIPI D-PHY はカメラやディスプレイの標準的なインタフェースで、LVCMOS や LVDS などのパラレルバスインタフェースを置き換えるために開発されました。しかし、多くのプロセッサやカメラ、ディスプレイは RGB や CMOS インタフェースを持つものがあります。MIPI D-PHY IP を接続するために、パラレルインタフェースを MIPI D-PHY バイトパケットフォーマットに変換回路が必要とされています。

特長

  • RGB888、RGB666、RAW8、RAW10、RAW12、YUV420/YUV422 8/10 bit ビデオフォーマットに対応
  • ピクセルクロックごとの 1、2、4、6、8、10 ピクセルを MIPI D-PHY バイトフォーマットに変換
  • 1、2、4 レーンの MIPI D-PHY バイト配列に対応

ブロック図

注文用情報

Diamond 開発ソフトウェアは、ピクセル - バイト変換コアを無償で提供します。

Radiant 開発ソフトウェアの場合、ピクセル - バイト変換コアは有償となります:

ファミリ 注文用番号 ライセンスの種類
CrossLink-NX PIXEL-BYTE-CNX-U シングルサイト・ライセンス
CrossLink-NX PIXEL-BYTE-CNX-UT マルチサイト・ライセンス

資料

Quick Reference
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Pixel-to-Byte Converter IP - Lattice Diamond Software
FPGA-IPUG-02026 1.3 3/20/2020 PDF 2.1 MB
Pixel-to-Byte Converter IP Core User Guide - Lattice Radiant Software
FPGA-IPUG-02094 1.2 8/25/2020 PDF 1.8 MB

*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.

CrossLinkのデザインリソース

開発キット & 評価ボード

開発キット及び評価ボードで開発期間を短縮

IP & リファレンスデザイン

事前検証済み、開発期間を短縮

アプリケーションノート

製品を最大限活用するための資料

開発ソフトウェア

使いやすく、開発に必要な機能を提供

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.