ラティスブログ

MachXO3D

MachXO3D: ハードウェアセキュリティを可能に

Posted 05/20/2019 by Gordon Hands

私たちは、安全性、快適性、利便性を向上させる通信システム、クラウドコンピューティング、エッジデバイスで溢れ、ますます連結した世界で生きています。しかし、この連結はリスクでもあります。ハッカーがソフトウェアの脆弱性を悪用してシステムに不正アクセスする方法についてはよく知られていますが、ハードウェアも同じく脆弱であることを忘れてはいけません。

Read more...
AI in Retail

スマート小売アプリケーションに低コストのインテリジェンスを導入

Posted 04/10/2019 by Dirk Seidel

今までのいくつかのブログで、ネットワークエッジで起動する組込みデバイス内のAI対応の画像システムが、スマートファクトリーやスマートホームにおける特定のアプリケーションでいかに役立つかを説明してきました。しかし、組込みビジョンは小売のカスタマーエクスペリエンスも向上させることができます。

Read more...
Architecting Low Power AI

AI内蔵デバイス向けシステムアーキテクチャの選択肢

Posted 11/14/2018 by Deepak Boppana

どれだけ頻繁に、低消費電力が成功を左右する要因となるでしょうか?オールウェイズオンのエッジデバイスでAI推論向けのソリューションを設計するときは必ず、消費電力はミリワットで計測できる必要があります。考えてみてください。エッジのAIが近い将来、すべての場所で現実世界の問題を解決します。

Read more...
Is Your Computer Firmware Safe?

新しいNIST仕様は最新のサーバー向けアタックベクトルに対抗

Posted 11/07/2018 by Shyam Chandra

サーバーのハッキングで、あまり知られていないアタックベクターがあります。それはファームウェアです。先月、ESET社はLojaxに冠する調査結果を発表しました。それはロシアの軍事情報に繋がっている悪名高いサイバースパイ集団であるセドニットによって開発されたとさるルーツキット(ファームウェアハッキングツール)です。

Read more...
Use FPGAs to Optimize Always-on, Inferencing Applications

FPGAを活用してオールウェイズオンの推論アプリケーションを最適化

Posted 10/08/2018 by Deepak Bopanna

次世代のAIベースのエッジコンピューティングアプリケーションは幅広い性能要件を必要とします。しかし、どうしたら性能を妥協せずに低コストで低消費電力・小型のエッジソリューションを構築できるでしょうか?

Read more...
Meeting Demand for More Intelligence at the Edge

エッジで高まるインテリジェンスの需要に応える

Posted 08/21/2018 by Deepak Boppana

ここ数十年間で、システム設計は1つの処理トポロジからその他のトポロジ、集中型から分散型アーキテクチャへと進化し、常に理想のソリューションを探し求めています。

Read more...
AI / Machine Learning

推論技術スタックにより、エッジアプリケーション向けに市場投入までの時間を短縮

Posted 06/12/2018 by Deepak Boppana

新しい技術が大衆向けの低消費電力IoTアプリケーションへの機械学習の導入を加速します

Read more...
Form Follows Function – Selecting the Best Lattice FPGA

形態は機能に従う-最高のラティスFPGAを選択

Posted 04/03/2018 by Gordon Hands

『19世紀の建築家がFPGAと何の関係が?』と思った人も多いでしょう。その理由を説明します。多くのシステム設計者が直面している重要な決定は、どのFPGAファミリを次のプロジェクトで使うかということです。ラティスは現在、FPGAの4つのクラスを発売しています。iCE、ECP、MachそしてCrossLinkです。

Read more...
Lattice Radiant Software

Lattice Radiantソフトウェア:エッジ設計向けフル機能ツールスイート

Posted 03/06/2018 by Choon-Hoe Yeoh

ラティスは新しく、次世代FPGA設計ソフトウェアであるLattice Radiantソフトウェアを発表しました。エッジ接続および計算の設計を可能にするRadiantソフトウェアは、とくにエッジアプリケーションの開発のために作られました。これは、フル機能のFPGA設計ツールでありながら、使い方はとても簡単です。

Read more...
The Life of an Extraordinary Lattice Employee

特別なラティス社員の人生

Posted 01/08/2018 by Ryan Short

1983年12月21日、長いマレットとベルボトムの若きエンジニアはオレゴン州ポートランドに渡り、スタートアップであったラティスセミコンダクターに社員番号31として入社しました。フロリダ州メルボルンにあるHarris Corp社での安定した業績を残していましたが、もっと大きな影響が及ぼす環境へいきたいと思っていました。ラティスは当時、彼が考えていたEEPROM技術を使っていました。

Read more...
The Evolution of Computing

コンピューティングの進化

Posted 12/19/2017 by Darin Billerbeck(ラティスセミコンダクター代表取締役)

私の所有した最初の“コンピューター”は計算尺でした。本日の標準では私のペンは端末装置で、計算尺はコンピュータエージェントでした。今では笑い話ですが、その計算尺は私の目的に適っていました。ビジネスの世界では、サーバーベースの計算が大流行していました。初期のシステムは最初の集中コンピューティングアーキテクチャの一部を表していました。

Read more...
Not Your Father’s FPGA

もうお父さんのFPGAじゃない

Posted 11/21/2017 by Doug Hunter

『FPGAはサイズが大きくてたくさん電力を消費する上、高価なので使えない!』というエンジニアに多く遭遇してきました。これは多くのFPGAで当てはまりますが、サイズ、消費電力、およびコストの固定観念に沿わないFPGAもいくつかあります。これらの先駆者たちのおかげで、FPGAはもはやネットワークセンターだけでなく、日常的に使用されるエッジデバイスへと普及しつつあります。

Read more...
Solving Embedded Challenges

増えすぎた信号とインターフェースの課題を解決

Posted 11/07/2017 by Joel Coplen

最先端のマイクロコントローラと組込みプロセッサの設計には特有の課題があります:不十分なI/Oとインターフェースです。今日の組込みシステムはこれまで以上にリアルタイムデータと制御要件が必要になっています。

Read more...
Improved FPGA Designs with Diamond 3.10

Diamond 3.10を使ってFPGA設計を改良しましょう

Posted 10/24/2017 by Choon-Hoe Yeoh

最高の設計ツールを常にお客様に提供し続けるラティスが、最新のDiamondソフトウェアのリリースを発表します。Diamond 3.10ソフトウェアは、さまざまな省電力な設計方法による低消費電力に引き続き注力し、幅広い車載製品に対応する上、改良されたロジックアナライザツールを使用して生産性とユーザーエクスペリエンスを向上させます。

Read more...
A Modular Approach to Embedded Vision Prototyping

組込みビジョンの試作に対するモジュラーアプローチ

Posted 10/10/2017 by Dirk Seidel

自分が、新しいビデオブリッジソリューションの開発を任命されたと想定してください。当初は特定のアプリケーションを考えていましたが、カメラがますます急増するインテリジェントアプリケーションで出現してから、オブジェクト認識から奥行き知覚、車線検出、衝突回避に至るまで、幅広い種類の機能に向けた試作が必要だと気づきました。

Read more...
Power Management 2.0

電力管理 2.0

Posted 08/01/2017 by Shyam Chandra

6部にわたって、複雑な回路ボードで効率的な電力管理アーキテクチャを実装するときの困難について紹介します。

Read more...
Machine Vision: Letting My Device See Me

マシンビジョンによってデバイスは“見る”ことが可能に

Posted 07/18/2017 by Jatinder (JP) Singh

初めてアイザック・アシモフの『わたしはロボット』を読んだとき、当時10代だった私はすぐに人型ロボットに魅了されました。これらの機械は人間のような能力によって見て、聞いて、周りの世界と関わるすることができました。その驚くべき能力が私の想像力を掻き立てました。この機械たちは本当に“見る”ことができるのかと父に尋ねたほどです。今はエンジニアとして、マシンビジョンの重要性とロボットの“見る”能力を理解しています。

Read more...
Power Management using a Control PLD with on-chip ADC

オンチップADCを備えた制御PLDを使った電力管理

Posted 05/09/2017 by Shyam Chandra

5 章目となるこの記事では、最新の回路ボード向けの効率的な電力管理ソリューションを開発する最終的な挑戦を検討します。このモデルでは完全な回路を実現しました。制御PLDはすべての電力管理機能を担っています。

Read more...
Simplify Multi-Camera Designs with CrossLink

CrossLinkでマルチカメラの設計を簡素化

Posted 03/14/2017 by Tom Watzka

CSI-2カメラは必需品です。新規制によって、新しい車へのバックアップカメラ設置が必要になり、カメラを基にした先進運転支援システム(ADAS)機能の改良が進められています。グローバルな車両カメラ市場は2015年から2020年の間でCAGRが11%上昇すると予想されています。また、カメラ市場は市場調査会社であるRadiant Insightsが2016年の2億ドルが2022年までに21億ドル以上に増加すると予想しているドローンの急増によっても推進されています。

Read more...
When Less is More: How Signal Aggregation Can Simplify Your Design

信号集約が設計を簡素化します

Posted 02/28/2017 by Abdullah Raouf

モバイル設計者になるのは簡単なことではありません。新しくて魅力的な機能が発見されたときはいつでも、その新しい要素を既存の“混雑した”設計に実装するか判断するのは彼らの手にかかっています。スマートフォンとオールウェイズオンの監視機能を例にみてみましょう。オールウェイズオンで、コンテクストアウェアに対応するために設計者が搭載する全てのセンサは常にアプリケーションプロセッサ(AP)にデータを送信し続けなくてはなりません。

Read more...
View more
Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.