Lattice Blog

Share:

特別なラティス社員の人生

The Life of an Extraordinary Lattice Employee
Posted 01/08/2018 by Ryan Short

Posted in

先見の明がある主導者であり、友人のDavid Lee Rutledgeを悼んで

1983年12月21日、長いマレットとベルボトムの若きエンジニアはオレゴン州ポートランドに渡り、スタートアップであったラティスセミコンダクターに社員番号31として入社しました。フロリダ州メルボルンにあるHarris Corp社での安定した業績を残していましたが、もっと大きな影響が及ぼす環境へいきたいと思っていました。ラティスは当時、彼が考えていたEEPROM技術を使っていました。その34年後、ラティスから定年退職をしたあとの2017年12月21日、突然ジムで倒れ、そして他界しました。

若い頃から知らず知らずにロックンローラーのような見た目と服装をしていたDavid Lee Rutledgeは、半導体業界の真のロックスターでした。1955年9月2日にケンタッキー州のルイビルに誕生したDavidはパデュー大学で4年間という短い期間に理学士と電気工学で修士号を取得しました。ラティスセミコンダクターでの34年間でDavidは製品開発ディレクターから研究開発担当の副社長、そして最高技術責任者へと昇進しました。

ラティスに入社してまもなく、当時のCEOはすべでの従業員を集めて給料が払えないことを話しましたが、次の日も一緒に働いてくれることを期待していました。多くの人はすぐに退社し、戻ってくることはありませんでしたが、Davidは違いました。翌週、ビールやピザを持ってきたDavidは、チームを集め、残ってくれるよう熱心に話しました。彼は不可能と思われる困難を乗り越えれば、市場でGAL(Generic Array Logic)デバイスが実現する夢が叶うと気づいていました。もし成功したら、完全にコミットしないといけないことがわかっていました。数ヶ月の期間にわたって、チームの給料を支払うだけでなく、液体窒素やその他の必要物資を購入するために全財産の2万5000ドルを使いました。Dabidは金銭面だけでなく、チームと自分のビジョンに激しく忠実でした。

1985年にラティスは最初の電気的消去可能なプログラマブルロジックデバイス(PLD)であるGALを発表し、産業に旋風を巻き起こしました。GALについてのDavidの論文は国際半導体回路協議会で(ISSCC-IEEE向けのプレミア会議)で賞賛され、審査委員会のメンバーによると委員会を感動させた。彼はGALを初の電気的消去可能なCMOS(E2CMOS)インシステムプログラマブルPLD技術であるISPアーキテクチャを使って徹底的に追求しました。今となってはありふれた機能が、当時は革命でした。Davidは別のハードウェアの必要性を取り除き、お客様の回路板上でプログラム可能な最初のデバイスを創り出しました。Davidは、技術的な課題が現実となる前に見つけ出し、解決するソリューションを発明する特別な能力を持っていました。このように彼は付加価値のある製品で産業を魅了し続けました。

Davidが主導したその他のラティスの主要製品はMachOX製品ラインです。彼は全力を尽くし、もっと大きい競合企業が成し遂げられなかったことを達成するためにチームを励ましました。競合企業は、Davidには200人のエンジニアチームがついていると予測していたが、実際には20人あまりだったとされています。決断が早く、すぐに決まらない場合はチームにコインを投げさせて決めました。彼にとっては、決断をしないよりも良いことを知っていたのです。お客様が本当に何を必要としているか、を考え、市場が望むものを超えて付加価値を与えることを奨励しました。さらに、MachXO製品ラインに加えて、Davidは設計チームを率いてMachXO2 FPGAを構築し、これはラティス史上において最大のベストセラーとなっています。

最近ではDavidは電力消費に注力し、28nm FDSOLを使用した製品を開発するビジョンを打ち出しました。彼はまた、エッジコンピューティング、特に人工知能に関するラティスの取り組みを触媒した。さらに重要なことは、Davidはラティスだけでなく業界でも、長老の政治家やリーダーとしての役割を果たしました。2014年にはFPGAカンファレンスパネルに参加し、PLD業界と業界のパイオニアに対して敬意を表明しました。

すべての友人、家族、同僚がDavidは寛大な男であったと言います。 彼は自分の時間、知識、財政を人に与えていました。彼が自分の知恵を与えるために、短い会話のつもりが数時間にも及んだこともあります。複雑なテーマであっても、人に簡単に説明できる才能を生まれながら持っていたのです。彼の真言は、『すべてのものはできるだけ簡単になるべきだが、単純ではありません』。チームをより良くし、理由を尋ね続け、常に前を向いていた。Davidは、常にお客様と会社にとって正しいことをラティスに求め、すべての部門の人々を指導し、影響を与えました。同僚たちは、Davidは強力なライバルだと言っていたが、ライバルがいなくなったとしても自分が勝つということにはならないと常に認識していた。Davidの金銭的な寛大さは初期の頃だけでなく、チームにご馳走したり、Xboxのようなクリスマスプレゼントを自分のお金で買っていました。

ラティスの多くの人は、12月初旬に催された退職パーティーで、Davidの貢献に対して個人的に感謝しました。翌日、Davidは同僚たちにメモを送り、同僚はお祝いの感謝だけでなく、いつものDavidのやり方で激励をした。彼は『次の世代“若いライオン”にたいまつを渡すことは悲しいことでも残念でもない。』と言い、代わりに、『私はあなた方に積極的に、自分たちのやり方でインパクトを与える機会にアタックしてほしい。誰もが信じられないことを続ける勝負をしよう。だって、不可能は何もないのだから。そして、限界というものは自分自身で創ってしまうだけなのです。』

電気工学の分野の高等教育におけるDavidの情熱と、技術への革新的な貢献を称えて、Rutledge家は "David Lee Rutledge奨学基金"を設立しました。この基金は、パデュー大学の電気およびコンピュータ工学の1年間修士号プログラムに入学し、より優れたエンジニアになることを目指す学生に奨学金を提供します。寄付金は、基金名を明記して、949 NW Overton St., 1315, Portland,OR 97209に送付することで可能です。

さようなら、David。あなたは信じられないほど優れたメンターであり、同僚、友人、そして先見性がありました。 私達はあなたを恋しく思い、決して忘れません。

Davidの追悼記事はこちらからご覧になれます。(EN)

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.