Lattice Blog

Share:

Diamond 3.10を使ってFPGA設計を改良しましょう

Improved FPGA Designs with Diamond 3.10
Posted 10/24/2017 by Choon-Hoe Yeoh

Posted in

最高の設計ツールを常にお客様に提供し続けるラティスが、最新のDiamondソフトウェアのリリースを発表します。Diamond 3.10ソフトウェアは、さまざまな省電力な設計方法による低消費電力に引き続き注力し、幅広い車載製品に対応する上、改良されたロジックアナライザツールを使用して生産性とユーザーエクスペリエンスを向上させます。

新しい機能の一部を紹介します:

Diamond 3.10ソフトウェアは電力効率の高い設計フローをより多くの製品ファミリに拡張します。ユーザーはMachXO2MachXO3ECP5 / ECP5-5Gファミリの未使用もしくは出力専用I / Oの入力バッファを無効にすることができます。

次に、この新しいソフトウェアアップデートにより、CrossLink FPGAの電卓機能に依存するパッケージ形式が改良され、シリコンの相関モデル向けの高次数学モデリング方程式の精度がさらに向上します。

車載機器サポートの分野では、Lattice Diamond 3.10を使用することで、幅広い車載認定のECP5 FPGA製品を一般向けに提供できます。これには、ECP5U-12K、ECP5UM-25K、ECP5UM-45K、381caBGAパッケージの-6&-7スピードグレードが含まれます。この新しいアップデートにより、車載アプリケーションに柔軟な設計リソースがもたらされます。

生産性を向上させるという点で、ロジックアナライザは複雑なシステム設定でもユーザー操作の不具合の際のガイダンスとフィードバックを提供することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。また、複雑なシステム設定に対して、より効果的な自己トラブルシューティングプロセスを提供にします。

ご覧のとおり、新しいアップデートには多くの大きなメリットがあります。ぜひご自身の目でお確かめください!

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.