Lattice Blog

Share:

組込み設計向けのモバイル市場を最大限活用しよう

Leveraging Advantages of the Mobile Market for Embedded Designs
Posted 08/29/2017 by Tom Watzka

Posted in

少し前、組込み設計者がコストの削減をしようとしたとき、大容量のPCアーキテクチャを利用して開発コストを大幅にカットしました。その他のどこで、何百万ものコンシューマアプリケーションの中で、信頼性があり、使い易い設計ツールとオープンソース起動システムのエコシステムによって支えられた安価なコンポーネントを見つけることができたでしょうか?

今日の産業、車載機器、医療、そしてその他分野における組込み設計者は、スマートフォン市場が似た役割を果たすことに気づきました。モバイル市場における大規模な製造方法を活用したいですか?ご自身の設計をMIPI準拠のアプリケーションプロセッサ(AP)、センサ、ディスプレイ、そしてMIPIアライアンスによって定義されたインターフェース仕様へと移行させましょう。

もちろん移行を実現するためには、MIPI準拠のモバイル市場における魅力的な費用構造を活用しながら高度に専門化されたハードウェアとソフトウェアコンポーネンツの既存投資をどのように活用するかが厄介です。たとえば、既存のシステムが旧式または独自仕様のインターフェースで構築されている場合、MIPI APの価格や性能のメリットをどのように活用できるでしょうか?

再利用のためのブリッジソリューション

モバイル対応市場における開発者に必要なものは、革新的なブリッジアプリケーションを構築するための最大限の設計柔軟性をもたらすビデオブリッジソリューションです。つまり組込み産業アプリケーションは、LVDSのような既存のインターフェース規格から多くのMIPI APで使用されているMIPI DSIインターフェースへ変換するブリッジソリューションが必要ということかもしれません。高性能なCMOSカメラを使ったアプリケーションには、CMOSパラレル出力から、MIPI APで一般的なMIPI CSI-2入力にブリッジする必要があります。 

車載機器産業で先進運転支援システム(ADAS)とインフォテイメント向けの新しいアプリケーションの設計者は、複数の画像センサからのデータを集約しCSI-2インターフェースを介してMIPI APへ伝送できるブリッジソリューションが必要です。あるいは、複数ディスプレイに及ぶAPからの単一データストリームを分割する必要がります。同時に、ドローンなどのその他のアプリケーションにおいても、複数センサ出力を単一ストリームに集約できるブリッジソリューションが必要です。

しかしどんな成功したビデオブリッジソリューションでも、設計柔軟性以上のものを提供しなければいけません。それらアプリケーションhざそれぞれ、高解像度ビデオに対応した機能を備える必要があります。同時に、どの選択も今日のシステムの厳しい電力、コストの制約を満たさなければなりません。

理想的なソリューション

ラティスセミコンダクターのCrossLinkはそれらすべての要件を満たしています。1年前、市場に出たCrossLinkは、ますます複雑化し、動的になるビデオ市場に直面する障害に取り組むため、設計されました。ラティスは、車載、AR / VR、ドローンを含む複数の成長市場に最先端の革新をもたらすため、性能を犠牲にすることなく低消費電力で小型のブリッジソリューションをもたらす新しい方法を設計者に提供しました。

CrossLinkとビデオブリッジの傾向のついての詳しい情報はこちら。最近発売されたIPコアについては以下をご参照ください。

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.