Lattice Blog

Share:

HDRが視聴体験を向上させます

On the Bright Side: How HDR Enriches Our Viewing Experience
Posted 03/28/2017 by Marshall Goldberg

Posted in

ハリウッドコンテンツプロバイダが1080pから4Kのビデオコンテンツへのアップグレードを検討したとき、消費者が4Kモーションビデオで肉眼の違いがわかるのどうか、慎重に検証しました。4Kテレビは1080pよりも4倍のピクセルを表示でき、遠距離から視聴の場合の流体ビデオは利点の1つですが、通常のリビングルームにある大きいスクリーンでは、近距離からの視聴になるため、利点になるとは限りません。4Kコンテンツがただのピクセル以上のものを提供する必要があるのは明白ですが、それはなんでしょうか? 

映画製作者は1080pのHD技術ではフィルムに取り込まれた色やコントラスト情報の大部分が見えないことを知っていました。rec. 709として知られるHDTVの色と明るさの標準は1950代のビデオセットの技術に基づいていました。Rec. 709は輝度範囲がわずか0~100ニットのリファレンスディスプレイに基づいています。しかし、多くの新しいLCDとOLEDテレビは0~700以上の輝度範囲を提供します。

テレビの輝度範囲を700%まで増加すると、コントラストと色の両方の範囲が劇的に増加します。rec.709のマスタリングでは、明るさと色の範囲を0-100ニットのウィンドウに“圧縮する”必要がありました。ディスプレイの輝度が100ニットよりも高くなった場合、狭いrec. 709の色と輝度を広い輝度範囲に変換する方法はありませんでした。

さらに、テレビパネルの明るさの範囲は変わることがあります - パネルによっては1000ニット以上になることがあり、同時に、視聴者はディスプレイの最大輝度を低下させることも可能です。映画監督はディスプレイをコントロールする方法を必要としていたため、空がどのように青くなるか、雲の領域にコントラストがあるかどうか、暗い領域でどのくらい詳細を表示するかなどを決めることができました。

HDRやハイダイナミックレンジを入力します。HDR技術によって、輝度と色の範囲が非常に広いコンテンツはテレビに正確かつ効果的に表示することができます。HDMIフォーラムは狭いrec.709の代わりにbt.2020という新しい“色空間”の対応を追加することでこれを可能にしました。これにより、コンテンツおよびディスプレイは、より広範囲の色と輝度によって色をマッピングすることが可能になる。これは今日のテレビの広い輝度範囲に対応しますが、コンテンツとテレビのビット深度を8ビット/ピクセル(1670万色)から10ビット/ピクセル(10億色)にアップグレードする必要があります。

HDMI規格 2.0bのリリースで、HDMIは今ハイダイナミックレンジメタデータの伝送が可能となりました。それは、2つの異なるハイダイナミックレンジモードに対応する記述子を伝送することができます。HDR-PQやHDR-10とも呼ばれるディスプレーベースのPerceptual Quantizerと、HDR-HLGとも呼ばれる情景ベースのハイブリットログガンマです。HDMI 2.1はこのEOTFメタデータはフレームごとに送信することができ、屋内と屋外のシーンの違いを反映することができるハイダイナミックレンジのビデオのさらに緊密に結合された同期プレゼンテーションを可能にし、さらにフレーム間の違いも反映する。

これは何を意味するでしょうか?HDR対応の新しい4K Blu-rayと4Kテレビはより明るく、高性能で、カラフルでまるで実際に見ているかのような経験をもたらします。

完全なHDMI 2.0b HDR対応は、ラティスのSiI9777とSiI9396 ICで利用可能です。SiI9777はrec. 709とbt.2020間のコンテンツを地図を書き換えることができるガンマエンジンを含みます。

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.