Lattice Blog

Share:

新年の抱負:全ての者によりよいデータを

2017 New Year's Resolution
Posted 12/28/2016 by Neil Bullock

Posted in

多くの国で長く伝統的に行われている、新年の抱負があります。バビロニア人は毎年の初めに借りた物を返還し、借金を支払うという約束を彼らの神々に出しました。ローマ人は毎年1月が命名されたヤヌス神に誓いを立てて1年を始めました。新年には新しいことに挑戦したり、これまで以上に何かに対して努力をする機会があります。

業界の通信機器サプライヤが、データのスループット、レイテンシなどの期待された5Gメトリックにおいて主要企業となるために、通信事業者とチームを組んで、5G規格の発展とその前提技術でいくつかの成果を挙げました。当社はこれらの成果に賞賛の意を表すとともに、これらの技術によって可能になりえるアプリケーションを楽しみにしています。

しかし、技術の専門家たちは、取り残されている人々のニーズに耳を傾ける余裕がありません。当社が5Gで解決しようとしている課題は、世界のデジタルを“持つ者”の課題です。世界のデジタルを“持たざる者”は、依然として低速モバイルサービスや銅ベースのブロードバンドで提供できるものに制限されています。

下のはアカマイの2016年第3四半期のインターネットレポートで、4 Mbps超の接続の割合を測定することで問題を見ることができます。

photo

Photo credit: https://www.akamai.com/us/en/our-thinking/state-of-the-internet-report/state-of-the-internet-connectivity-visualization.jsp

参考までに、4Mbpsは2010年にFCCが発表した全米ブロードバンド計画のブロードバンド最小閾値として採用され、今では25Mbpsに更新されています。特に赤字地域では、農村部や都市部のインフラストラクチャの能力を上回るデータ需要があります。これは、経済、文化、エンターテインメントの分野で機会を失ったことを表しています。これは、インフラがより発展した分野で当然のことです。

都市では、低コスト、低消費電力のマイクロ基地局とメトロWi-Fiアクセスポイントで、ソーラーパネル/バッテリユニットを搭載し、ミリ波リンクを使用して高密度ネットワークに接続するスケーラブルなソリューションを提供します。ラティスはSiBEAM技術グループを通じて、後者の主要コンポーネントを提供しています。これらは、街灯やバス停留所、信号灯に設置するか、もしくはノキアが最近デモをしたように、ドローンで屋上に落とすことができます。

だから今日の緊急課題に取り組むためのツールがあれば、2017年の新年の豊富は、そのツールはデジタルからの恩恵を一番必要としている者ー持たざる者ーに委ねるべきであろう、そして マップの中の赤を減らして緑を増やすための事業をするべきです。

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.