Lattice Blog

Share:

自動車産業における変化はなぜ漸進的なのか?

In Defense of Automotive Incremental Change
Posted 10/26/2016 by David Wang

Posted in

アマラの法律には、『我々は、短期的には技術の効果を過大評価し、長期的にはその影響を過小評価する傾向があります』とあります。この法律は自動車分野でも適用できそうです。一部は、マーケティングの課題です。毎年、自動車メーカーは北米国際オートショーのような主要イベントで“コンセプトカー”を公開します。これらは企業の方向性を示した創造物であり、羨望や批判の対象にはなりません。スタイリッシュな車体とは別に、コンセプトカーの中でも多くの注目を集めたのは新しい方法であなたに知らせ、楽しませ、保護することを約束する先進的なエレクトロニクスの形を取っています。車間(V2V)通信からジェスチャ制御のコンソールなど、これらの車は私たちの手の届くところにあります。

しかし、実際に消費者に発表される次のモデルカーは、以前発表されたものとは似ても似つきません。コンセプトカーの豪華な機能や、視覚的なセンスはすべてなくなり、実際の車は前世代とほとんど変わらないようにも見えます。そこで、疑問が浮かびました。「本当の」自動車開発の本質には何が潜んでいるのでしょうか?

自動車産業の厳しい現実にはいろんな原因があります。とくに、安全と製造可能性、そしてコストです。

  • 安全は車製造において、1番の懸念事項です。製造車の設計は、厳格な安全基準を満たし、何百年にも及んでメーカーが培ってきた安全への経験を生かす必要があります。
  • 製造可能性はもうひとつの要素です。唯一無二のコンセプトを巨大な設計に置き換えるのは非常に困難です。抜本的な設計の変更は、製造過程の変更や、新しい部品、新しい機械も必要になる可能性があります。
  • 最終的に、コスト制約も重要です。車は大衆市場向けに作られた、最も高価な消費者製品であり、一般的には、家庭の中で家の次に高い買い物です。つまり、2014年には10億台の車は世に出る一方で、毎年わずか数100万台しか実際に売れることなく。50以上の車メーカーはある中で一番の稼ぎ頭でも800-1000万台しか売れません。資本コストが高く、市場規模が比較的小さいため、自動車メーカーは幅広い市場影響することのない設計でリスクを取ることに消極的です。

これらの課題は、革命的な飛躍ではなく、主に前身からの漸進的な進化による生産車につながります。消費者にとっては不満かもしれませんが、実際のシステムの兆候はうまくいっています。自動車メーカーは100年以上にわたりプロセスを改善してきました。その結果、驚くほど安全で機能豊富な機械を妥当なコストで作成する非常に効率的なシステムとなっています。

この漸進的な変化はインフォテイメントの分野でも見られます。特に、急速に変化するスマートフォンの分野と比べると、インフォテイメントスペースの変化はおそろしく遅く見もえます。しかし、車全体と同様に、これは実際には良いことです。インフォテイメントのシステムはスマートフォンのそれとは全くことなります。それは、様々な状況下で機能し、ドライバーへの妨害を最小限にする必要があります。もしそのようなことがあったら車市場への信頼は落ちますが、スマートフォンは運転妨害の罪を問われることはありません。したがって、短期的には、インフォテインメントシステムはしばらく今のままである可能性が高いです。しかし、アマラの法律の後半を思い出してください。私たちは“長期的な(技術の)影響を過小評価”する傾向にあります。15年前、CDプレイヤーはインフォテイメントの基本でした。今、多くの車でCarplay、Aundroid Autoが付属されており、直接あなたのスマートフォンのアプリと通信できます。その他には、後部座席の乗客向けに複数の車内ディスプレイで映画やビデオを見ることができます。

なので、漸進的な変化を見逃さないでください。明日のインフォテイメントシステムは私たちが望むよりも今日のものとそんなに変わらないかもしれません。しかし、15年後のシステムはきっと今日よりも随分変わったものになるでしょう。

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.