Lattice Blog

Share:

将来のワイヤレスを想像しよう

Projecting the Future of Wireless
Posted 09/27/2016 by Peiju Chiang

Posted in

家電業界全体で、有線は時代遅れとなってしまいました。携帯電話の通信範囲は広く、Wi-Fiはどこにでもあるからです。ワイヤレスヘッドフォンはオーディオブランドだけでなく、スマートフォンメーカーの間でも一般化しています。サムスンからスターバックスなどの国際企業がワイヤレス電話充電ステーションを提供していることから、ワイヤレスの充電システムも主流になりつつあります。

ワイヤレスが主流となっている他の分野は、オーディオ&ビデオ(AV)リンクです。WirelessHDのような60GHzミリ波周波数を使用する技術は、従来のワイヤの堅牢性、ビデオ品質、性能、および非常に低いレイテンシを再現する高速無線リンクを提供します。WirelessHDは、多くのホームシアター製品に含まれていますが、特に導入されているのはビデオプロジェクターです。

オフィスの会議室とホームシアターの両方で、ビデオプロジェクタはしばしば、ビデオソースからある程度離れた場所で使用されます。シーリングプロジェクタを使用するため、有線のオフィス会議室は高額になります。専用の追加装備だけで、インストール費用を含めずにインストールごとに数百ドルのコストがかかる場合があります。結果的に、多くのオフィスはいまだに低画質のアナログVGAケーブルを使ってプロジェクタに繋げています。多くのインストールで、壁へのインストールは壁板で終わってしまうので、会議室のテーブルからパソコンへの接続に追加ワイヤが必要になります。この配線構成は、使用には不便で、会議室のユーザーにとって危険な可能性もあります。

ワイヤレスは接続を簡素化します。高いインストール費用なしで、邪魔となるワイヤは必要なく、ユーザーを変えるときもワイヤが不要です。エプソン社のPowerLiteホームシネマ 5040UBe 3LCDプロジェクタのようなSiBEAM技術を搭載したプロジェクタを使えば、企業は簡単に時代遅れな会議室のシステムを変えることができます。プロジェクタは、会議室のテーブルにある小さな送信機ボックスと直接通信できます。ユーザーはトランスミッタをコンピュータに直接接続し、ビデオはプロジェクタにワイヤレスでストリーミングされます。60 GHzはレイテンシが非常に短いため、ビデオ会議やプレゼンテーションなどのインタラクティブなアプリケーションで非常に役立ちます。

プロジェクタにおけるワイヤレスの利点は、ITスタッフやインストール費用を払う企業もない住環境にもそのまま適用します。家では、プロジェクタはしばしば補助的なデバイスで、DTVの置き換えではなく補完をします。その結果、天井に取り付けられているか、単に部屋の後ろに置いてあることはあっても、一般的にホームシアタープロジェクタはAVRおよび他のセットトップコンポーネントが配置されている場所には配置されません。あなたの家にホームシアター用の配線がプリインストールされていない限り、壁を通してHDMIビデオケーブルを取り付けることは、多くの消費者とっては現実的ではありません。代わりに、リビングルームの周りにケーブルを走らせることは、見苦しく、家族にとって危険にもなり得ます。対照的に、Lenovo Ideacentre 610Sのような製品は、ワイヤレスプロジェクタが家庭内でどれほど有用で、すっきりしているかが分かります。この家庭用PCには、ビデオを簡単に共有したり、ゲームをしたり、壁にウェブページを投影するために、家のどこにでも置くことができる小型の取り外し可能なワイヤレスプロジェクタが付属しています。

私たちはまだ完全なワイヤレス社会には至っていませんが、ここ数年の間に大きな進歩があったことは間違えありません。60GHzワイヤレスビデオは、Wi-Fi、LTE、Bluetoothなどの既存のワイヤレス規格の一つとなり、接続を簡素化します。まだ完全にコードを切断することは実現していませんが、プロジェクタに関してはすでに実現可能です。

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.