Lattice Blog

Share:

集中化されたADAS-自動車の神経システム

Centralizing ADAS- A Look into the Automotive Nervous System
Posted 09/13/2016 by Jatinder Singh

Posted in

インドで育った私の最初の車は両親が所有していた古くて白い80年代のスズキ800ccでした。とてもベーシックな車で、父が運転の邪魔だというのでラジオすらついていませんでした。最終的に父を説得してラジオをとりつけたものの、動力不足で壊れやすく、とても魅力的とは言えませんでしたが、それでも私の初めての車なので気に入っていました。ここ数年間で製造された今日の私の車や大多数の車は、よりインテリジェントになっています。シートベルトをしたことを検地し、隣の車線に誰かがいるかどうかを教えてくれ、車線変更の際に道路状況によって自動的にブレーキをかけることまで可能です。それらの機能は先進運転支援システム(ADAS)と総称されるものの一部です。これは、ドライバーに潜在的な危険を警告したり、ドライバーから特定の重要な機能の制御を自動的に引き継ぐことによって、自動車がより安全になるように設計された、さまざまな技術の用語です。

自動ブレーキや車線変更アシスタントはドライバーや乗客を守る非常に優れた機能です。それらのシステムはすべて私たちを安全に保つために働きますが、初期のADASソリューションは各自別々にシステムが起動していました。初期のコンピュータと同様に、各システムは独自のデータセットを分析し、独自のタスクを実行する機能に特化しています。これらのシステムを集中化してデータを統合する場合は、より高度な安全プロトコルを実装することができます。自動ブレーキや車線変更アシスタントのようなシステムを統合することで、集中化されたADASシステムは交通状況を検出し、車の横に空いている車線を探すことができます。同時に、自動コントロールがウインカーを出し、車線が開いていることを運転者に知らせ、他の車にも車線変更を警告します。ただ減速するだけでなく右や左に車線変更できるシステムが正確に実装されれば事故を防ぐこともできます。

上記の例はシンプルですが、ADASを集中化することの潜在的な利点を示しています。すべての動作システムが個別に働くよりも、集中化されたシステムは各システムがすべてのセンサにアクセスでき、中心で全データを処理することができます。ADASをより効果的に使用できる数多くの新しい使用例を可能にすることに加え、コスト効率も向上します。ADASは半自動化と完全自動化のソリューションへと進化しており、集中化は論理的なステップです。最近のABIリサーチの報告によると、NVIDIA、NXPおよびMobileyeと既存のADAS産業における主要企業はすでに集中化された自動運転プラットフォームを発表しています。それらのソリューションは、次世代の自動化を構築するプラットフォームを形作るかもしれません。

このような統合をするためには、ADASコンポーネンツが確立され、同意された基準に従って通信するために規格が必要です。市場が人を惹きつけるソリューションを生み出し、それが成分化されると、多くは対応しなければならないでしょう。しかし、そのような規格が確立されているにも関わらず、さまざまなセンサ、規格、技術が利用されているため、ある程度の柔軟性が求められます。車載用FPGAは異なるメーカーからのハードウェアのギャップを埋め、インターフェースプロトコルの通信を可能にします。さらに、FPGAは機能の実行とアシストを行うプロセッサを支援し、全体的な性能と応答時間を向上させます。

制御と処理を集中化することが技術において共通のテーマです。市場はベストプラクティスが発見されたあと、そのようなソリューションの実装コストを下げるために統合を推し進めます。しかし技術は革命を続けています。ADASの分野では、信頼性のある集中化された自動化は効率が良いだけでなく、自動化された自動車の未来を切り開くために必要不可欠です。

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.