Lattice Blog

Share:

ワイヤレス技術とドローンの台頭するとき

When Wireless Technologies and Drones Soar
Posted 08/02/2016 by Peiju Chiang

Posted in

CES2016のフロアに入ったときに、ドローンが2016年で最も話題のテクノロジの1つになることがすぐにわかりました。空中を漂うそれを見ずにはいられませんでした。掌サイズのドローンから、飛行中の人を運ぶことを目的にしたドローンまでありました。Intel社、Qualcomm社、NVIDIA社のような重量のものさえ、fray1に参加しています。それ以来、ドローンの世界選手権『Drone Racing League』 の登場によってスポーツの世界が混乱し、Amazonが荷物配達のために利用する計画も耳にしました。個人では、有線では撮影不可能な場所からドローンで撮られた壮観なインターネットビデオを投稿し始めました。そして、生放送とリアルタイムビデオの人気の高まりが、ドローンの普及を促し続けるでしょう。これらすべてはこの記事で紹介するワイヤレス技術によって可能になります。

技術の話をする前に2種類のドローンがあることを理解する必要があります、1つはカメラがついているもの、もう1つはジンバルとカメラを別に搭載する必要があるものです。前者は一般的に安価で、消費者やアマチュアをターゲットにしていますが、後者はカスタマイズの自由があり、セミプロとプロのユーザーをターゲットにしています。どちらのドローンも、カメラで撮影した映像をワイヤレスでリモコンに送信します。このワイヤレス技術は、カメラからこれらのリアルタイムビューを最小限の待ち時間で送信するため、カメラで撮りたいショットを正確にコントロールしながら、ドローンを操作できます。ほとんどのドローンは1 kmまでの範囲をカバーし、通常ライセンス不要の2.4 GHz帯のワイヤレス技術を使用します。範囲を広げるために、ドローンとそのリモコンは高利得アンテナを装備しています。2.4 GHz信号はこの範囲を実現するために自由な空間伝搬ができます。ワイヤレスリンクの帯域幅が制限されているため、カメラからのビデオは帯域幅を減らし、リモートコントロールに送信されるまでの待ち時間を最小限に抑えるために圧縮されます。これがドローンの主なワイヤレスビデオの使用例ですが、他にもあります。

ジンバルと別のカメラを必要とするドローン向けに、HDMI®ケーブルはカメラとドローンを接続するために使われます。ジンバルはカメラの角度を調整する機能を提供しますが、HDMIケーブルは依然として回転の自由度を制限します。リモートコントロールにはカメラの動きのための別々のノブがあり、それは運転する人は、カメラの回転に細心の注意が必要です。60 GHzワイヤレス技術は、高帯域幅と低いレイテンシなので理想的なソリューションです。このソリューションは今すぐ入手可能です。

大事なことを言い忘れていましたが、リモコンとディスプレイデバイス間の接続はドローンからの映像を提供します。スクリーンが搭載されたリモコンでは、追加のディスプレイは必要ありません。ディスプレイのないものは、スマートフォンとタブレットに使用されます。利用可能なモバイルデバイスとの互換性を保つため、リモコンはモバイルデバイスとのインターフェースを可能にするWi-Fi準拠の技術が必要です。

未来に向けて、よりスマートで自立的なドローンのためさらなるワイヤレス技術が必要です。ワイヤレスの知覚・検出も可能性を秘めていますが、それは別の記事で紹介します。

1 http://dronelife.com/2016/03/14/drone-companies-the-four-big-chip-makers/

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.